洗濯の回数を減らすにはセームタオルがおすすめ

一人暮らし男性なのでそもそも洗濯する回数は少なけれど、「毎日濡れるもの」を減らすとさらに回数を減らすことができます。食器を拭く時にはふきんではなくキッチンペーパーで拭くようにする(あるいは自然乾燥させる)のと、風呂上がりにタオルで体を拭くのではなく、プールで使うセームタオルを使うことで格段に洗濯回数を減らすことができます。

乾くとバリバリになるセームタオル

私は風呂場の中にこのタオルを置いてます。このタオルの凄いところは、濡れても絞れば即座に吸水能力が回復するところ。濡れた髪を拭いて一旦絞り、身体を拭いて再度絞り、仕上げに身体全体を軽く拭いたら、もう身体からは一滴の水もしたたらりません。だからバスマットも必要なくなります。使い終わったセームタオルは絞って風呂場内に干しておけば翌日また使える状態になっています。

セームタオルはバリバリで使いにくいなぁと敬遠していましたが、それは私が使い方を勘違いしていました。使う前に水にさらし(湯船に沈めてしまうのが早い)、絞った状態で使用するものだったんですね。

その繰り返しで何もケアせず一年間普通に使い続けることができました。さすがに一年も使い続けると、なんだか色褪せてきた感じがして、おそらく身体を拭いた際や湯船で絞っていた際の皮脂汚れだったのかもしれません。最近では1ヶ月に1度ぐらい、洗面所で衣服用洗剤を入れたぬるま湯に1時間ほど浸して干してやれば、吸水力も落ちることなく綺麗になることに気づきました。破れたりする気配もなく大活躍しつづけています。

Amazon.co.jp : ミズノ スイムタオル